臨床心理士に就職するには

臨床心理士とは、臨床心理学の知識やスキルを用いながら、心理的な問題を抱えている方のケアを行う職業となりますが、この臨床心理士に就職をするという事はどのような勤務先で活躍をするのでしょうか。


メニュー


臨床心理士に就職するには

臨床心理士,就職

臨床心理士とは心のケアになりますので、ある意味では医者のような役割を果たしています。ですので精神病院や総合病院などの病院での勤務が就職先としてはあります。 そのほかにも臨床心理士の就職先としては保健所や精神保健福祉センターといった場所もあります。福祉領域では指導員や心理判定員といった肩書を持ち公務員として働いている方も多くいます。 仕事内容としては乳幼児や知的障害者、高齢者などの心のケアを対象としていて、DVや子供の虐待の被害者の方のケアをしていきます。福祉領域の主な勤務先としては児童相談所や療育施設、福祉施設などでの勤務となります。 そのほかにも教育機関でも臨床心理士として働いている方がいます。近年ではいじめや不登校などの問題も増加してきていますので、公立学校などでも心理カウンセラーの方が配置されることが多くなってきています。 また生徒だけではなく保護者や教職員なども対象としてカウンセリングを行っていきます。主な勤務先としては公立学校や私立学校の小学校や中学校、高校、大学などで、そのほかには教育センターなどで勤務している方がいらっしゃいます。大学では臨床心理学の研究活動や講義を行う立場として勤務する場合もあります。 292

臨床心理士としての就職と履歴書について

臨床心理士,就職

臨床心理士と言うのは心理学に基づいた知識と技術で心理的なサポートを必要とする人に何らかのサービスを提供する職業です。その活躍の場と言うのは非常に多岐にわたり、医療関係の場だけではなく教育の場や産業、司法矯正など様々な分野に広がります。そのため臨床心理士として就職するに当たり、書く必要に迫られる履歴書についても相手に合わせた形式と言うものが必用になるでしょう。 臨床心理士の場合、その専門性を他の分野の人材が理解するというのは少し難しい部分があります。同業者同士でも学派が違うと細かいところが分からないというのが実情であり、全く門外漢の人物が評価を行う環境にあるのであれば履歴書にはそれほど細かいことを書かない方が良いと言えるでしょう。詳しく書いてもそれを説明して理解してもらうというのは難しく、又相手もそのようなことを求めてはいないのです。大切なのは任せたいと考えている仕事を任せることができる人物であるかどうかです。そのため新卒でないのであればどこでどのような仕事をしてきたのかについてをわかりやすく専門用語を使わずに書くのが良いでしょう。相手が専門家でない場合、専門用語を羅列すると逆効果になりがちなのです。 293

更新履歴

294
Copyright(c)2014 臨床心理士に就職するには All rights reserved.
WEB MAGIC