脱毛できない場合について

脱毛できない場合について

女性として、夏場や肌を露出するときにムダ毛を処理することはエチケットです。ムダ毛をそのままにしていると、男性からの視線が気になりますよね。

 

ムダ毛の自己処理をすることは手間も時間もかかります。そのため、永久脱毛を選択される人もいるでしょう。安全に永久脱毛をするためには、美容形成外科クリニックなどの医療機関で脱毛をすると良いですよ。

 

しかし、誰もが必ず永久脱毛が出来るわけではありません。では、どのような場合に永久脱毛が出来ないのでしょうか。

 

レーザー脱毛をする場合、黒い毛根に反応するレーザーを照射して毛根を破壊していきます。レーザーは黒い部分に反応しますので、日焼けをしているときちんとレーザーを照射が出来ません。レーザー脱毛で永久脱毛を考えている人は、日焼けをしないように気を付けてください。

 

敏感肌の場合も、レーザー脱毛をすることは難しいでしょう。レーザー脱毛でのレーザー照射はとても刺激が強いです。肌に傷があるとき、生理前で肌が敏感になっているときなどは、レーザー脱毛を控えた方が良いです。場合によっては肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

 

自分の肌の状態を見極め、きちんとクリニックでカウンセリングを受けましょう。